×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬種に応じて発症しやすい病気や疾患は異なります。病気になってからお悩みになる前に、毎日の食事や不足しがちな栄養の摂取を心がけてあげましょう。

最近は犬であっても人間同様に肥満や生活習慣病を患う方が増えているのをご存知でしょうか。飼い主が正しい知識で犬の食べ物、生活習慣に配慮をしてあげましょう。

 

犬種に応じて患いやすい病気や疾患をご紹介いたします。病気や疾患には早期発見による正しい措置が大切ですが、あわてて誤った知識で間違った対処をしてしまうと、逆に症状を悪化させてしまうこともあります。正しい知識で犬種別の患いやすい病気を事前にきちんと理解しておきましょう。

犬種別のかかりやすい病気や疾患

犬種別の患いやすい病気

 

ポメラニアン

 

アーモンド型の黒い目と黒い鼻が愛らしい小型犬です。顔と四肢を除いた全身を豊かな被毛がおおつています。被毛の手入れはこまめに行ってください。

骨が細いので、高い所からジャンプしたり、頭を打つたりしないように注意しましよう。

むだ吠えをしやすいので、吠えぐせをつけないように幼い頃からしつけます。

 

・流涙症

戻がたくさん出ます。多量の涙と目やにのために、目の周辺の被毛が変色します。

 

・気管虚脱

乾いたせきや、苦しそうな呼吸音を出します。進行すると、よだれを垂らしてあえぐようになります。

 

・低血糖症

さまざまな病気が原因で起こります。ぐったりして元気がなくなります。けいれんや下痢が起こることもあります

 

・脱臼

膝蓋骨に起こりやすい。後ろ足を引きすって歩いたり、痛がります。両後ろ足に起こると、O脚または×脚になります。

 

・僧帽弁閉鎖不全症

夜間から明け方にかけて、乾いたようなせきをすします。進行すると、呼吸困難を起こします。

 

・子宮蓄膿症

高齢犬に多い病気。食欲がなく、嘔吐します。水をたくさん飲み、尿の量が増えます。おなかがはれます。

 

・停留睾丸

正常なら睾丸は生後1か月くらいで陰嚢内におさまりますが、片方あるいは両方の睾丸が腹腔や鼠径部(足のつけ根)にとどまっている状態。腫瘍化しやすいです。

プロポリス配合の最高級犬猫専用プレミアムサプリメント

こだわり抜いたワンランク上のペット専用サプリメント。あなたの家族を守りたいから・・・。選び抜かれた原料と安心の製法でペットのためだけにこだわり抜いて作りました。ご注文はワンランク上の最高級犬猫専用サプリメントをご覧ください。

▼コンテンツメニュー

 



(c)犬種別の患いやすい病気

犬が患う病気・病名