×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬種に応じて発症しやすい病気や疾患は異なります。病気になってからお悩みになる前に、毎日の食事や不足しがちな栄養の摂取を心がけてあげましょう。

最近は犬であっても人間同様に肥満や生活習慣病を患う方が増えているのをご存知でしょうか。飼い主が正しい知識で犬の食べ物、生活習慣に配慮をしてあげましょう。

 

犬種に応じて患いやすい病気や疾患をご紹介いたします。病気や疾患には早期発見による正しい措置が大切ですが、あわてて誤った知識で間違った対処をしてしまうと、逆に症状を悪化させてしまうこともあります。正しい知識で犬種別の患いやすい病気を事前にきちんと理解しておきましょう。

犬種別のかかりやすい病気や疾患

犬種別の患いやすい病気

 

ゴールデンレトリーバー

 

光沢のある豊かな抜毛が特徴です。

毛色は濃い金色から白に近い金色までさまざまです。前足の後ろに飾り毛があり、前胸、下胸、大腿・下腿の後ろ側、尾の下部に羽毛があります。

丈夫で活動的なので、 運動は毎日十分に行ってください。

 

・白内障

目をのぞくと白く濁ったように見えます。視力が低下するために、よくものにぶつかったり、フラフラと歩いたりします。

 

・甲状腺機能低下症

元気がなくなります。食欲不振になるが、体重は増えます。皮膚が乾燥し、脱毛します。

 

・皮膚病

体をしきりにかいたり、ひっかいたりします。皮膚がただれる、べたつく、フケが多量に出る、脱毛する、などさまざまな症状が出ます。

 

・股関節形成不全

股関節形成不全の症状は生後6か月頃から現れる。歩行時に足を引きずったり、腰を左右にゆらしたりします。股関節をかばうために、後ろ足を崩した座り方をすることもあります。

プロポリス配合の最高級犬猫専用プレミアムサプリメント

こだわり抜いたワンランク上のペット専用サプリメント。あなたの家族を守りたいから・・・。選び抜かれた原料と安心の製法でペットのためだけにこだわり抜いて作りました。ご注文はワンランク上の最高級犬猫専用サプリメントをご覧ください。

▼コンテンツメニュー

 



(c)犬種別の患いやすい病気

犬が患う病気・病名